ayata's Fallen Blog


日々、マイペース。Are You Ready?
by ayata-u
めにう
カテゴリ
以前の記事

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっぱり、自分は

ロボット物があまり好きではない。
どちらかといえば、スペースオペラに惹かれてしまう。

まあ、昔から、周囲がガンダムで盛り上がってる中、
一人だけ銀英伝を読み耽ったりとかしてたから、当然といえば当然か。


ロボより戦艦の方が良い。
超絶性能なロボ機体とか、ワンマンパワーの入る余地のない艦隊戦が良い。
知恵を絞って策を巡らせる駆け引きが実に良い。
戦艦のクルーの織り成す群像劇が良い。
艦長の号令、部下の復唱が実に良い。
一隻の艦を動かすために、多くのクルーが動き回るのが良い。

正直、ガンダム一機で終わる戦争物語は味気ない。


などとずっと思っていたら、
ようやっとそんなゲームが発売されてくれやがりましたよ、奥さん。
というか、さすがセガ。こういうマニアックなのをよく企画してくれた。


というかアレだ。
ヤッハバッハ艦隊が現れてからがめちゃめちゃおもしれえ。
DSが手から離れない。
電車の中でゲームをするとは、こういう気分かッ!




現在、青年編に突入したばかり。
やばい、無限航路おもすれー。
こういうの、ずっとプレイしたかったんだよなあー。
[PR]
by ayata-u | 2009-06-18 20:10 | ゲーム

くわえて、かんそう

・日輪のごとく! 7話まで

メインは姉川だったりするんだけど、
ここにきてやっと、今まで影の薄かった小一郎にスポットライトが当たったのが、
違った意味で面白かった。
藤堂高虎とか、必要なイベントをこなしつつ、
そんな中に女と賭け事みたいな小ネタが挟まってるのがニヤリとする。
正直、歴史好きには非常にたまらない。
というか、利休よりも、納屋助左衛門が出てきたのが驚いた。
てっきり今井宗久が出てくるもんだと思ってから、意表を突かれた感じ。
そういや、ルソンの壺って、花の慶次じゃあ随分とぞんざいな割られ方してたよなー。

そして、やっぱり朝倉NEET義景が面白い。
言ってることは分からんでもないんだけど、
要約すると「もう働きたくないでござる」だったりするあたりが、特に。

で、今回の肝である戦闘。
ぶっちゃけ、何が面白いって、ユニットの動かし方で史実を再現できるあたりが特に。
まあ、微妙に徳川家が弱いんで、そこら辺は稲葉一鉄を向かわせて援護させたり(笑
というか、十一段崩しがSP必殺で再現されてたのは洒落になってなくて笑った。
半兵衛を駆使しつつ、なんとかしたけど、本当にやばすぎる。
あと面白かったのはアレか。
本多忠勝のキャラが突き抜けすぎてた所とか。
他の作品では、無敵ロボだったりもするから耐性はできてるんだけど、正直ボクっ子は予想してなかった。
そして、こうして酒井忠次の影がどんどん薄くなっていくという。
まあ、晩年は不遇だから問題ないけれど。

とかやってたら、戦闘後に一鉄イベントがあって更に吹く。
こっちで補完してきたか、みたいな。
知ってるだけに了承しそうになったけど、ここは騙されぬ。
普通に拒否しておきましたとさ。そりゃそうだ。

というか、今回の話って姉川よりもむしろ、坊主じゃなかろうかって気がしてきた。
そんな本願寺イベント。
本願寺戦闘坊主・下間頼廉は予想通りだけど、
光佐がもう、「なんという きれいな ぼうず」って感じで。
女じゃないのは残念だけど、衆道っぽくてこれはこれで面白い。

つか、おかしいぞ。
ルイス・フロイスがどんどん素敵なキャラになってきた。
あと、活躍するたび妙なツンデレフラグが立ってくる半兵衛とか。
まだ余生はあるから、どう発展するか温かく見守っていきたいところ。

ぶっちゃけ、まだ包囲網が完成してないからなあ。
完成してからの窮地っぷりと比叡山に期待する感じで。
[PR]
by ayata-u | 2009-06-09 22:44 | SRC

もうなんというか、かんそう

・獣魔戦機ティーア・ツティーレン 5話まで

なんだか、知らない内に公開停止になってて、
ふと見たら再公開されてたんでプレイ。
以前プレイしたのは9話ぐらいまでだったけど、
なんだか、演出面が強化されたのと、登場人物が増えたりしただけで、
大筋は以前と何も変わってない印象を受けた。
これだったら、以前の状態のまま続きを書いた方が良かったんじゃないかなー、などと。
まあ、プレイしてて一番困ったのは、
"このシナリオの在り方が分からない事"だったりするんだけども。

そもそも作られた経緯もあって、このシナリオが某デモベに似てるのは仕方ない。
というか、似てるって事をDLページとかでも言い訳してるぐらいだし。
でもその割りに、OPデモとかの演出の力の入れ様は、
まるで完全オリジナルとでも言わんばかりだったりなんかして。
なんだろう? 作者の自虐心と顕示欲が喧嘩してる感じ。
プレイした側は、オマージュと完全オリ、どちらのつもりなのか分からなくて本当に困惑してしまう。
オマージュならオマージュでもいいんだけど、
それならそれで、もっと立ち位置を考えた方が良いんじゃないかなー、と。
つか、誤解されそうだから補足するけど、演出強化するのが悪いんじゃなくて、
こんだけ豪華にやっといて"デモベに似てる云々"と言い訳してるのが決まりが悪いってだけ。
これだったらむしろ開き直ってくれた方が気持ちがいい。
というか、修正すべきは演出や登場人物じゃなくって、無駄に冗長な漫才会話だと思うんだけども。
そこはほとんど変わってなくって、ちょっとアレだった。
なんか否定的な意見になっちゃってるけど、色んな意味で惜しいシナリオなんだよなあ。
すごく勿体無い。
[PR]
by ayata-u | 2009-06-07 15:28 | SRC


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧