ayata's Fallen Blog


日々、マイペース。Are You Ready?
by ayata-u
めにう
カテゴリ
以前の記事

生きてます

一ヶ月以上の放置。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕ですか?
日常に忙殺されておりましたァーッ!!

ペルソナ3? ゼノ3?
なんですか、それ?
おもいっくそ積んでいますが、きっとあれは幻のはず。

ともあれ、忙しいのはいいことだ。
きっと。
[PR]
# by ayata-u | 2006-09-06 17:13 | 日常

高橋名人が言っていた

ゲームは一日一時間だ、と。

目に悪いからじゃなくて、一時間で区切らないとすぐ飽きるからだと知った。


ゲームを捨て、街に出よう。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-21 08:21 | ゲーム

時をかける少女

さて、昨日、予告どおりに「時をかける少女」を見にいってきたワケで。

言わずもがなアニメ映画。
ここ最近のアニメ映画は説教臭いし、有名芸能人の声優演技は微妙だし、タイトルだけがビッグネームで内容は無いよう的な印象しかなかったもので、この映画も最初の五分ぐらいは「ジブリ風なんとなくいい話的ラブストーリーか」とタカをくくっておりました、はい。

そしたら見事に騙されました。
えらい面白い。特に脚本の妙。
散りばめられた伏線が消化ではなく昇華していく様は、感動よりも感激よりも、むしろ気持ちいい。

で、ラスト近辺にて完全にボロ泣き。
一人で行ってて良かったと心の底から思った。
小気味良くハッピーで、なおかつ後腐れなくノスタルジーに浸れる、そんな映画。

多分、あと二回ぐらいは見に行くと思う。
DVD出たら確実に買うと思う。
とりあえず、主題歌CDは購入してしまった。

ああ、泥沼に嵌り始めた。
どうする。

とりあえず、面白いよ。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-19 09:41 | 映像

さて本日のミッションだが

身体も微妙に回復し、午後から完全に休みときている。

故に、ちょいと気になったんで、
新宿へ「時をかける少女」でも見に行ってみようかと思う。
タイムスケジュール確認したら、16:55のがいちばん都合よさげだった。

そういうワケで、だ。

一緒に行きたいやつは連絡するがいい。

あの日の思い出など、真赤な血のメロディに染めてやるわー。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-18 08:40 | 日常

レスポンスタイム

昨日、コメント書いて消してくれやがりました某氏へ。

ちゃうねん、体調悪いと精神的に脆くなるんだ。体調ありきというか、ね!
ショックな事があった、とかそういう理由じゃない辺りが笑えるところです、あっはっは。

かくいう今も頭ボーっとするとです。
エアコンの当たりすぎで喉も痛むとです。
仕事休めないとです。

死ねということか、これは。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-17 10:20 | その他

来たよ来たよ来たよ来たよォーッ

久方ぶりのネガティブキャンペーンがやってきた。
などと大層に書いたが、単純にバイオリズムが低下しているだけである。
そもそも、低下の原因のは「クーラーの当たり過ぎによる体調悪化」という、夏の風物詩的理由なのだから実に始末に終えない。

だが、本当に始末に終えないのは、体調悪化に伴って気力まで低下している点にある。

ヤバイ、これだけは本当にヤバイ。

自分のやる事成す事、全てが裏目にでそうな恐怖、とでも言おうか。
まあ、「知り合い連中のご機嫌をとる為に自分を抑えつける事?」に嫌気がさしているのかもしれない。いや、多分、体調戻れば回復するとは思うんだけど。

ああ、これ、どっちかと言えば、ネガティブキャンペーンじゃなくて邪推キャンペーンだ。
他人の行為に邪推が透けて見える。影で罵詈雑言されてんじゃねえか、みたいな。
まあ、嫌われたくねえ裏返しなんだろうけどさ。

というか、だからこそ、あんま他人に踏み込みたくないのかもしんないなあ。
人見知りってつまりはそういう事なのだろうし。

まあ、数年前と違って、酒に逃げる事が出来るのが唯一の救いかもしれない。

やっべー。
嵐が過ぎ去るのを待とう。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-16 06:42 | 日常

ふと数えてみたら

所持する眼鏡(全て度入り)が14本になってた。


思えば、遠くまで来たもんだ。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-13 12:55 | 日常

映像ゲーなのは分かりきっていた事だ

それにしても、EP1の頃からの迂遠な物言いによる伏線張りが、
完結作であるEP3に至るまで延々と繰り返される様は、ええかげんにせいよ、と言いたくなってくる。これで本当に収拾つけられるのか心配になるし、そもそも専門用語や重要設定の大半がEP3に至ってまであからさまな辞典頼りなのは、プレイヤーに説明する義務を放棄している様にすら感じられてしょうがない。

伏線張りもあからさまにパターン化されてて、

よく分からんけど敵が襲撃してきた→味方ピンチになりました→味方の一人が不思議パワー発動→敵「そうだ、お前の力を見せてみろ」→ピンチ脱出

あくまでこの繰り返し。そりゃあEP3まで、このバカの一つ覚えなら食傷もするさね。
というかこのゲーム、味方キャラが素直に情報の開示さえしてくれりゃあここまで風呂敷広げる必要ないんだよなあ。
なんだか考えれば考えるほど、真似しちゃいけないストーリーテリングの見本に思えてしょうがない。
願わくば、これをプレイした人間が影響を受け過ぎて、無駄に難解なだけの作品を量産しない事を祈るのみ。というか量産されたら泣きます。

いや、この作品自体は嫌いじゃないけど、脚本が肌に合わないんだ!!
僕だけか? 僕だけなのか?
まあ、僕の偽らざる感想だし、これでいいか。
というか、ゲームタイトル書くの忘れてたけど、書かない方が賢明だろう。

……うん。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-12 13:16 | ゲーム

買う気などなかった

なのに何故 例のPS2ソフトが 部屋に あるのだろう ?

2に引き続いて そんなに絶望したいのか 自分
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-10 08:31 | ゲーム

はじめて

ぼくなんぞの サインを 飾る店が あらわれた

えれえ恥ずかしいでやんの。
[PR]
# by ayata-u | 2006-07-04 17:17 | 日常


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧